財団のあゆみ

  • 財団法人 福武学術文化振興財団の活動
  • 財団法人 直島福武美術館財団の活動
  • 財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団の活動
1985年

財団法人 福武学術文化振興財団設立

目的:我が国を含めた各国の歴史学・地理学に対する研究、研究成果の助成および学術文化に関する国際的な講演会、研究会、展覧会等の開催および開催に対する助成を行い、21世紀に向けての文化化、情報化、国際化の一助たらんとするもの。

2004年

財団法人 直島福武美術館財団設立

目的:世界中の人々がこの瀬戸内海において、いかに自然の素晴らしさを感じ、その中での自らの命を感じ、自然に対して人間が働きかけることで、いかに真なるもの、美しいものを引き出すかを感じる。―― そのための美術館を瀬戸内海につくる。地域の人々と世界の人々とが文化的な交流を図るよう、継続的な企画を行い、瀬戸内海における文化交流の拠点となることを目指す。日本を訪れる海外の方が、都会ではなく瀬戸内海に滞在し、地元の人々とともに美しい環境を共有し、語り合う―― そのような場を瀬戸内海につくる。

地中美術館開館 [直島]

2005年

「瀬戸内海文化研究・活動支援助成」を開始

2006年

「NAOSHIMA STANDARD2」開催
(共催:(株)ベネッセコーポレーション 現:(株)ベネッセホールディングス) [直島]

「直島コメづくりプロジェクト」発足 [直島]

2007年

財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団設立

目的:活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、地方公共団体等との緊密な連携の下に、地域住民を中心とした創造的で文化的な表現活動を通じたまちづくり、地域産業おこし等の諸活動を支援し、もって地域社会の再生及び振興に寄与すること。

2008年

犬島アートプロジェクト「精錬所」現:犬島精錬所美術館)開館 [犬島]

「文化・芸術による地域振興助成」を開始

「ふるさと納税ポータルサイト」を開設、ふるさと納税制度を普及

2009年

直島銭湯「I♥湯」営業開始(直島町観光協会への運営委託) [直島]

豊島「食プロジェクト」推進協議会の設立協力 [豊島]

大地の芸術祭を支えるサポートサイトを開設

大地の芸術祭「福武ハウス」を公開(新潟県)

2010年

李禹煥美術館開館 [直島]

「心臓音のアーカイブ」開館 [豊島]

犬島「家プロジェクト」開館 [犬島]

「瀬戸内国際芸術祭2010」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)

「瀬戸内国際シンポジウム2010」開催

豊島美術館開館 [豊島]

瀬戸内国際芸術祭「福武ハウス」を公開 [女木島]

2012年

3財団ともに、公益財団法人に認定

公益財団法人 福武財団に統合

2013年

ANDO MUSEUM開館 [直島]

「瀬戸内芸術祭2013」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)

犬島「家プロジェクト」二期を公開 [犬島]

女木島「女根/めこん」を公開 [女木島]

豊島横尾館開館 [豊島]

宮浦ギャラリー六区開館 [直島]

「福武ハウス」アジア・アート・プラットフォームを開始 [女木島]

2014年

「犬島パフォーミングアーツ助成プログラム」を開始

2016年

「瀬戸内国際芸術祭 2016」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)

「針工場」を公開 [豊島]

豊島八百万ラボ開館 [豊島]

2019年

「瀬戸内国際芸術祭 2019」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)